新潟片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

ワンルームの家財一式処分を依頼していた。
3年前くらいから住んでおらず、中の物すべて残っている状態だった。
費用によってはハウスクリーニングも希望していた。
当日作業で、頼んでいないものまで処分されそうになり、挙句その作業で傷がついて捨てざる得なくなった。
腹立たしい。

事実確認

片付けを希望する場所にはもう何年も住んでいない「人に貸していた」との事でした。お伺いすると、酷いゴミ屋敷状態になってしまっており、「綺麗に片付けて欲しい」とお聞かせいただきました。

見積り日程もが合わず、9月17の午前中に鍵を開けておくので見積りをしてくださいと言われ、その際は「部屋のもの全部」とのことでしたので、それでお見積りいたしました。

作業にあたり、「頼んでいない物まで捨てようとして傷ついて処分する事になった」ということですが、最初に「部屋の物全部」とお聞きしており、見積りの際にも処分品目としてお伝え済みでした。

こちらは、不動産管理会社の方にも話をしていますし、「実際に片付け作業中にその物を搬出撤去すると壁に傷が付くので責任を負いかねます」と現場作業中、お客様へ電話を入れています。

その時には「そうであれば無理に片付けなくても良いと思います」と言われました。

2段式食器棚で、上部は搬出撤去しましたが、下部が外れませんでした。

また,あまりにしっかり設置されているので本当に処分して大丈夫か?という思いもありましたので上部は外れるものの、下部の撤去が難しいことをお客様にすぐ連絡しました。

途中お客様が仕事の合間を縫って現場に来られた時にも、改めてその旨お伝えし、もし処分しない方がよければ今からでも戻しましょうかと間違いなくお伝えしましたが、「大変でしょうしいいです」と言われています。

毎回お客様には「捨てる判断が付かないものは残しておきましょう。処分はいつでも出来ますしお受けいたします」とお伝えしております。

今回不動産管理会社の方にも同様の事を説明しました。

ですが、「私はこう言った、言わない」「こう聞いています」と責任転嫁しても始まりませんので、今回は最後までお客様には誠意をもって対応致します。

新潟片付け110番からのコメント

この度は、お客様のご希望されるサービスのご案内ができず、大変申し訳ございませんでした。

今後、同様のミスがないよう、より処分品の確認やお客様への処分のご意思の確認を徹底し、再発防止に努めて参ります。

ご心配・御迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。